ぺこりんこ

ラーメン・焼肉・とんかつ・カレー・うどん・餃子・ピザ・唐揚げ・炒飯・天ぷら・寿司・生姜焼き・野菜炒め・麻婆豆腐・お好み焼き・焼きそば・刺身・牛丼・ハンバーグ・豚角煮・ステーキ・すき焼き・豚キムチ・おでん・ポテトフライ・ビール・オムライス・グラタン・スパゲティ・あんパン・ざるそば・枝豆・サラダ・ソーセージ・酢豚・焼き鳥・しゃぶしゃぶ・チキン南蛮・ポテトサラダ・肉じゃが・ビーフシチュー・サンドイッチ・ハヤシライス・豚汁・ナポリタン・きんぴら・海老フライ・玉子焼・ピビンバ・リゾット・たこ焼・チョコレート・コーラ・ゴーヤチャンプル・ピラフ・ローストビーフ・かれいの煮付け・ハリハリ鍋・かす汁・ハムエッグ・ジンギスカン・きりたんぽ・石狩鍋・ちゃんぽん・皿うどん・卵かけごはん

    1: (・ω・)/ななしさん

    牛丼チェーン大手の吉野家は18日、朝定食の「ハムエッグ定食」を約2年ぶりに復活させ、25日午前4時から販売すると発表した。
    ご飯と味噌汁、キャベツサラダが付き、価格は以前と同じ税込350円(Wハムエッグ定食は450円)。
    毎日午前4時~11時に提供する。

    同メニューは2009年3月に発売。
    ハムエッグを焼いている間は手を離せず、接客が難しいといった課題があったため、一昨年6月に販売を一旦終了した。

    しかし再開を求めるファンの声が多かったため、同社はオペレーションの改善を検討。
    火の通り方が穏やかな小型のスキレット(鋳鉄製フライパン)でハムエッグを焼き、そのまま提供する形に改めることで、盛り付けなどの手間を軽くして販売再開にこぎ着けた。

    https://news.goo.ne.jp/article/sankei/trend/sankei-ecn1705180026.html

    吉野家が今月22日に販売再開する「ハムエッグ定食」のおかず。
    小型のスキレット(鋳鉄製フライパン)で調理し、そのまま提供することで店員の負荷を軽くした
    no title

    スポンサードリンク
    【【朝限定】吉野家の「ハムエッグ朝食」2年ぶり再開ってよwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/ななしさん

    細かくつぶした具材をパン粉で包んで油で揚げる――
    コロッケとメンチカツは共通の調理手順を持ち、食卓での人気も高いメニューだ。
    どちらもルーツはフランス料理にあるとされ、日本人の舌に合うようにアレンジされ、日本食として愛されるようになった。

    つぶして固めて揚げるだけ、というシンプルさゆえに、各地ではそれぞれの特色を活かしたご当地メニューも数多く考案され、町おこしの一環として大々的に紹介する自治体も多い。

    そんな2つのメニュー、どちらがより愛されているのだろうか? 
    どちらも肉屋さんの店頭で売られており、調理手順も共通しており、何より見た目はほぼ同じだ。

    コロッケとメンチカツ、どっちが好き?
    コロッケはじゃがいも、かぼちゃなど、肉以外の具材をメインとしたもの、メンチカツは肉、魚介類などをメインとしたものを含める。

    no title

    スポンサードリンク
    【【どっちだよ】コロッケとメンチカツ、どっちが好き?】の続きを読む

    1: (・ω・)/ななしさん

    伝統の保存食「塩鮭」は、強い塩味と凝縮された鮭の旨みが特徴だ。
    かつては焼くと塩が表面に浮き上がるほど塩分が強かったが、近年はかつてよりも塩を少なくした品も登場し、中辛、甘口とバリエーションを増やした。

    s

    そんな塩鮭について、Jタウン研究所は「塩鮭の甘口、中辛、辛口、どれが好き?」をテーマに、都道府県別のアンケート調査を行った。
    はたして、その結果は――。

    甘口派は関西に集中

    no title


    地域別でみていくと、「甘口」がトップとなった地域は「辛口」よりも多い。
    票数の多い東京で支持を集めたため「辛口」が1位となっているが、より広い範囲で親しまれているのは「甘口」のようだ。

    その中でも、中部や関西を中心に「甘口」派が目立つ。
    特に京都、大阪、兵庫、奈良の4府県が「甘口」派だったことは、かつて年末年始の縁起物として塩鮭(新巻鮭)ではなく塩ブリが重宝されたことも何らかの影響がありそうだ。

    http://j-town.net/tokyo/research/results/243125.html

    スポンサードリンク
    【【どっちが好き?】好きな塩鮭の「塩加減」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ