ぺこりんこ

ラーメン・焼肉・とんかつ・カレー・うどん・餃子・ピザ・唐揚げ・炒飯・天ぷら・寿司・生姜焼き・野菜炒め・麻婆豆腐・お好み焼き・焼きそば・刺身・牛丼・ハンバーグ・豚角煮・ステーキ・すき焼き・豚キムチ・おでん・ポテトフライ・ビール・オムライス・グラタン・スパゲティ・あんパン・ざるそば・枝豆・サラダ・ソーセージ・酢豚・焼き鳥・しゃぶしゃぶ・チキン南蛮・ポテトサラダ・肉じゃが・ビーフシチュー・サンドイッチ・ハヤシライス・豚汁・ナポリタン・きんぴら・海老フライ・玉子焼・ピビンバ・リゾット・たこ焼・チョコレート・コーラ・ゴーヤチャンプル・ピラフ・ローストビーフ・かれいの煮付け・ハリハリ鍋・かす汁・ハムエッグ・ジンギスカン・きりたんぽ・石狩鍋・ちゃんぽん・皿うどん・卵かけごはん

    懐かしい

    1: (・ω・)/ななしさん

    誕生してから38年間で、通算150億本を販売した人気駄菓子「うまい棒」。
    なぜずっと定価10円なのか? ユニークなフレーバーの秘密とは?
    販売元のやおきんの顧問、石井俊夫さんにお話を聞いた。


    ◆“ソサチバピヤメン”から始まった国民的お菓子

    うまい棒が誕生したのは1979年の夏。
    以来38年間、子供たちに愛され続け、今では年間約6億本を出荷し、通算で150億本超の売り上げを記録する超ロングセラー商品となった。

    販売元のやおきんの顧問、石井俊夫さんはうまい棒誕生の年に入社。
    商品開発も、出荷も配送も、ほとんどすべての業務を行っていたという、いわばうまい棒の歴史を知るキーマンだ。

    石井さんが当時を振り返る。
    「押出成形の機械ができて、コーンを長い棒状に出すことが可能になったことがうまい棒誕生のきっかけです。
    ただ、商品化まで簡単ではありませんでした。
    コーンの品種の違いや、湿気、熱によってなかなか均等に揃わず、コーンの棒が暴れて出てきたり、長かったり、細かったりと。
    うまい棒の製造工場であるリスカと相談しながら試行錯誤の連続でした」。

    困難を乗り越えて、最初に発売したフレーバーはソース味。
    ほぼ同時期にサラミ味、カレー味。
    そして翌1980年にはチーズ味、バーガー味、やさいサラダ味が続き、創成期を支えた“初期メンバー”が揃った。

    「発売当時、うま棒の味付けをソサチバピヤメン(ソース味、サラミ味、チーズ味、バーガー味、ピザ味、やさい味、明太子味の頭文字)と呼んでいました。
    そのほとんどが今も定番商品です。
    子供は意外と、サラミや明太子など大人っぽい味が好きですね」(石井さん)。

    それにしても不思議なのは、38年も定価10円をキープし続けていることだ。
    「コストを下げても品物が悪くては売れません。
    駄菓子を子供騙しという人がいるけど子供は騙せない。
    だから常に気を付けているのは品質を絶対に落とさないこと。
    そのため他の部分でコスト削減を図っています。
    効率よく搬送する工夫をしたりね。
    なかでも、一番大きいのは業者の好意的な協力。
    段ボール屋さんやフィルム業者さんなど、みなさん子供の頃にうまい棒を食べていた“うまい棒世代”で、コストダウンの相談に乗ってくれるのです」(石井さん)

    以下ソース
    http://best-times.jp/articles/-/5418

    【【懐かしの味】「うまい棒」はなぜ定価10円をキープし続けられるのか?ってよwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/ななしさん

    日本初のハンバーガーチェーン「DOMDOM(ドムドム)ハンバーガー」が、続々と店舗を閉めている。

    ドムドムハンバーガーは、イオングループのダイエーの完全子会社であるオレンジフードコートが日本全国に展開するファストフードチェーン店で、2016年2月末時点には69か店(直営店57か店、フランチャイズ12か店)あった。

    no title


    17年3月末には54店に

    相次ぐドムドムハンバーガーの閉店は、あるツイッター主の投稿でわかった。
    大の「ドムドム」ファンのようで、2016年11月19日付のツイッターには、

    「本日、ドムドム滝川店訪問により、ドムドム全店を達成しました」と、約1年をかけて69か店(閉店の店舗含む)を訪ねたもよう。

    「今後は閉店した店舗の情報含め、いろいろとまとめていきたいと思います」と、「宣言」していた。

    「ドムドムハンバーガー」を展開するオレンジフードコートの親会社、ダイエーは、「店舗運営は、(入店している)施設の状況や損益状況などを勘案して判断しています」と説明。とはいえ、店舗数は2017年2月16日現在、61か店。
    ツイッター主の指摘どおり、3月末までに7か店を閉めて、54か店となる。

    ピーク時の約400店と比べて、じつに86.5%も減ってしまうことになる。

    http://www.j-cast.com/2017/02/17290823.html

    ドムドムHP
    http://www.orangefoodcourt.co.jp/domdom/dom_index.html

    【【懐かしい】ハンバーガー元祖「ドムドム」続々閉店 「昭和の空間」惜しむ声ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ