ぺこりんこ

ラーメン・焼肉・とんかつ・カレー・うどん・餃子・ピザ・唐揚げ・炒飯・天ぷら・寿司・生姜焼き・野菜炒め・麻婆豆腐・お好み焼き・焼きそば・刺身・牛丼・ハンバーグ・豚角煮・ステーキ・すき焼き・豚キムチ・おでん・ポテトフライ・ビール・オムライス・グラタン・スパゲティ・あんパン・ざるそば・枝豆・サラダ・ソーセージ・酢豚・焼き鳥・しゃぶしゃぶ・チキン南蛮・ポテトサラダ・肉じゃが・ビーフシチュー・サンドイッチ・ハヤシライス・豚汁・ナポリタン・きんぴら・海老フライ・玉子焼・ピビンバ・リゾット・たこ焼・チョコレート・コーラ・ゴーヤチャンプル・ピラフ・ローストビーフ・かれいの煮付け・ハリハリ鍋・かす汁・ハムエッグ・ジンギスカン・きりたんぽ・石狩鍋・ちゃんぽん・皿うどん・卵かけごはん

    B級料理

    1: (・ω・)/ななしさん

    中国では日本のたこ焼きがかなりアレンジされて販売されている。
    日本のたこ焼きの場合はタコを小さく刻み中に入れているが、中国のたこ焼きは小さいタコを1匹丸々放り込むという荒技。

    生地を流し込み具材を入れるとそこにたこを放り込むだけ。
    このたこ焼き、形状からしてひっくり返すのは無理ではないか? 
    そう、その通り。ひっくり返せないのだ。
    片面だけ丸くなり焼けた状態で器に入れてソースとマヨネーズ、鰹節、のりをかけて食べる。

    たこはあらかじめ茹でてあるものを使用している。
    食感はかなりありそうで、これはこれで美味しそうである。

    たこ焼き器は日本の物を使っているらしく、サイズはたこ焼きサイズになってしまうとか。

    http://gogotsu.com/archives/28531
    no title

    no title

    no title

    no title

    【【閲覧注意】中国のたこ焼きが豪快すぎってよwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/ななしさん

     吉野家などを運営する吉野家ホールディングス(HD)は2017年3月31日、17年2月期の業績予想を下方修正し、翌営業日の株価は年初来安値をつけた。
    既存店売上高は3月こそプラスに浮上したが、2月までマイナス基調。
    ライバルの「松屋」「すき家」と違って「牛丼一筋」感の強さが「単調なメニュー」との印象をもたらして裏目に出ている、との見方も浮上している。

    吉野家HDの下方修正の内容は、2017年2月期の連結純利益は前期比49.1%増の12億4800万円と前期よりは大幅に増えるが、従来予想(19億円)より6億5200万円減少する。
    売上高は前期比1.6%増の1886億2300万円と増収ではあるが、やはり従来予想(1930億円)より43億7700万円少ない。
    つまり、増収増益予想は維持しているのだが、投資家に足元の「苦戦」を反映した業績予想を公表せざるを得ない状況に陥っているのだ。

    y


    国内事業の売上高が計画未達

    下方修正の理由として吉野家HDは、「第4四半期(2016年12月―17年2月)において既存店客数が伸び悩み、『吉野家』を中心とした国内事業の売上高が計画未達となった」と説明。「売上高未達の結果として営業利益や経常利益も計画を下回る」としている。
    「第4四半期で海外において為替の影響(円安)による円ベースの売上高が減少」という要因もあるが、大黒柱である国内の吉野家の不調が影響したのは間違いない。

    ~中略~

    もっと構造的な要因が「牛丼一本足打法」の問題だ。
    牛丼チェーンなんだから当たり前と思う人もいるかもしれないが、例えば、カレーなど牛丼以外の定食メニューが豊富な松屋は売上高に占める牛丼の割合は2~3割とされる。
    「すき家」もカレーや海鮮丼を注文する客が比較的多い。これに対し吉野家は牛丼が5割を占めるとされている。
    吉野家も「豚丼」や「牛すき鍋膳」などが定着し、カレーも導入してはいるが、牛丼を超える存在感はない。
    「牛丼一本足」が問題なのは「低価格」のイメージが消費者の頭にこびりついている点だ。多様な定食なら、牛丼の価格体系から消費者のイメージがいったん離れるので600円程度でも大きな抵抗はないかもしれない。
    しかし、牛丼は「並盛280円」時代の印象が消えていない可能性がある。
    さらに、吉野家は定期的に客寄せのための値下げキャンペーンを打つ。
    一時的に客足は回復するのだが、これが「安価」のイメージを消費者に刷り込む悪循環となっているようだ。

    吉野家といえば牛丼、それが客を呼び寄せるキラーコンテンツではある。
    しかし、一時は「デフレの勝ち組」として低価格の代名詞になったことが、業績にとって足かせとなっている可能性がある。

    https://www.j-cast.com/2017/04/17295302.html

    【【牛丼戦争】吉野家の「牛丼ジレンマ」、「一筋感」と「苦戦」の関係ってよwwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/ななしさん

    銀座の一等地に牛丼専門店「牛丼太郎」がオープンし、あまりにも牛丼が美味しいため、地域住民やビジネスマンたちが絶賛している。
    なかには「他店より美味しい」と言っている人もいるほどで、その牛丼のクオリティの高さに注目が集まっている。

    ・24時間営業という強気の営業スタイル
    牛丼太郎がオープンしたのは、地下鉄銀座駅や東銀座駅から徒歩4~5分の場所。
    日本でもっとも地価が高いと言われている地域で、しかも24時間営業という強気の営業スタイル。
    さらに牛丼が絶品だと高評価を受けている事から、連日、ランチタイムは客足が絶えない(ほとんどの客がテイクアウト)。

    ・店頭は「いかにも牛丼屋!」という雰囲気
    店頭のデザインはオレンジで統一されており「いかにも牛丼屋!」という雰囲気を醸している。
    店内に入ると券売機があり、食券を買ってカウンターで店員に渡し、2階の客席に移動して牛丼が運ばれてくるのを待つ。
    麦茶は飲み放題だがセルフサービスだ。

    ・これは確かにウマイ!
    テーブルには紅生姜が置かれていないため、牛丼に別皿で紅生姜がついてくる。
    牛丼は肉が多く、タマネギは少なめだがやや大きく切られている感がある。
    さっそく肉をつまんで食べてみると……、ウホッ! これは確かにウマイ! 正直なところ、有名牛丼チェーン店に負けない美味しさである!

    ・ヨクワカリマセン
    こんなにもハイレベルな牛丼を提供する牛丼太郎、これはバカにできない!
    どこの会社が運営しているのか聞いたところ、インドやネパールから来たと思われる店員は「ヨクワカリマセン。シラナイヨ。デモ、オミセハ、ココダケ」と話していた。
    いやはや「シェフを呼んでくれ!!」といいたくなるほど美味しい牛丼だった。

    http://buzz-plus.com/article/2017/04/14/gyudontaro-ginza/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    https://youtu.be/M4yPqyjAYCk


    【【これは衝撃】銀座の一等地に牛丼太郎オープンきたあああってよwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/ななしさん

    牛丼レストラン「吉野家」に通い続けて30年以上。
    とことん吉野家を食べまくり、身も心も吉野家になってしまった吉野家のプロ、佐藤隆一郎さん(52歳 / コンビニアルバイト)が、もっとも美味しい吉野家のメニューを教えてくれた。

    ・ひとつの答えを導いた
    数十年間、ずっと吉野家を食べ続けた佐藤さん。
    牛丼のサイズ、サイドメニュー、期間限定メニュー、あらゆるメニューを食べつくし、研究を重ね、ひとつの答えを導いた。
    最終的に「このメニュー」が最高に美味しい事に気が付いたという。

    ・牛皿特盛みそ汁サラダ生卵!
    そのメニューとは「牛皿特盛みそ汁サラダ生卵」である。
    牛丼ではなく、牛皿特盛が最強に美味しいメニューだというのだ!

    正直、あまり牛皿を注文する機会は少ない。
    どうしても牛丼ばかり注文してしまう。
    そんな人は多いと思うが、「牛皿特盛みそ汁サラダ生卵」こそが吉野家でもっとも美味しいメニューなのである。
    その美味しさの秘密を佐藤さんは以下のように語る。

    ・佐藤さんのコメント
    「確かに牛丼は美味しいのですが、牛肉の美味しさをガッツリと堪能するなら、牛皿特盛しか考えられません。
    そこに濃厚な生卵をぶっかけて、箸で豪快に大量につまみ、大きな口を開けて食べるのです。
    その美味しさは牛丼では体験できない素晴らしいものですよ。
    味噌汁を飲みながら食べ、最後にサラダでサッパリとする。最高です」

    ・豪快な美味しさに感動して絶句
    佐藤さんによると、牛皿に生卵をかけたあと、唐辛子をたくさんかけると美味しさがアップするという。
    実際に記者も試してみたが、今まで感じたことがない豪快な美味しさに感動して絶句した。皆さんも「牛皿特盛みそ汁サラダ生卵」を試しに食べてみてはいかがだろうか?

    http://buzz-plus.com/article/2017/03/09/yoshinoya-gyusara/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    https://youtu.be/pKrErF1_UaA


    【【これが究極】吉野家のプロが最終的にたどり着いた「最強の吉野家メニュー」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ